任意売却

「任意売却」というのは、住宅ローンが支払えなくなってしまったなどの理由がある方が、「いずれ競売になる」「競売されてしまう」といったことになる前に、債権者である銀行などの金融機関の同意を得て、通常の不動産売却と同じように売却をすることです。

競売と任意売却において大きく違うポイント

競売

競売にかかったら必ず自宅を手放さなくてはならない
市場価格と比較し概ね7~8割程度の価格で落札される
売却代金については、すべて債権者に支払われてしまう
広告という形で公表されて、周囲に知られるリスクがある

任意売却

自宅を手放さなくて済む方法も模索できる
市場価格に近い金額での売却も可能で、損失を抑えられる
引越し代金や当面必要な生活費を確保することが可能に
公表される心配はない
このように見ても、競売になってしまった場合と任意売却によって不動産売却ができる場合とでは大きな違いがあります。債務を負っている方にとって明らかにメリットが大きいのは任意売却となります。

住宅ローンを滞納してしまっている

裁判所から競売開始の通知が送られてきた

税金滞納による差し押さえの通知が届いた

こんな状況でお悩みの方は、是非ミナト法務事務所へご相談ください。