不動産登記

売買

一戸建てやマンションなど保有する不動産の売買や贈与が行われた場合には不動産登記が必要となります。この場合必要となるのは「所有権移転登記」となります。所有権移転登記とは家や土地の所有権を有する人の名義が変更される際におこなう登記となります。

贈与

不動産を譲り受けた場合に、贈与する方から受け取る方への名義変更が必要です。この場合にも売買と同様に所有権移転登記が必要となります。

不動産に関する以下のことにもすべて対応させていただきますので、ご相談ください。

借り換え
金額が大きい不動産ローン場合、より金利の低いローンへと借り換えをすることによって、返済総額が減少する場合もあります。毎月の返済額を減らしたいとお考えの方はご検討ください
相続/相続対策
ご両親や配偶者様からの不動産相続の場合にも登記が必要となります。相続登記以外にも遺産分割や相続税申告など相続全般についてワンストップで対応させていただきます。
ローン完済における抵当権抹消
住宅ローンを完済した場合には、家や土地などを担保にしておく必要はなくなります。借り入れの際に「抵当権登記」によって設定した抵当権は、抵当権の抹消手続きをする必要があるのでなるべく早めの手続きをお勧めいたします。
住所変更の登記
登記簿上の所有者の住所と、所有者の現住所が転居などによって異なる場合には住所変更登記が必要となります。
離婚による財産分与
離婚の際、財産分与によって不動産所有権を移転する場合にも登記が必要となります。離婚成立後では、所有権移転の手続きのためだけに相手に連絡を取りずらいという方もいらっしゃいます。お気軽にご相談ください。