取り扱い分野

債務整理を司法書士に頼んだ場合、どんなメリットがあるの?

債務整理をご依頼いただいた場合、以下のようなメリットがあります。

・賃貸業者から電話最速などの取り立て行為が一切なくなる。
・利息制限法に基づく再計算をすることで債務額が減り、また、払い過ぎになっている部分については、貸金業者から取り戻すことができる。

債務整理をしたらどんなデメリットがあるの?

債務整理のうち、任意整理・自己破産・個人再生・特定調停のどの手続きをとった場合においても、信用情報機関に手続きをとった事実が、記載登録されてしまうため、今後5年程は、新たな借入が困難になる恐れがある等の制限があります。
尚、自己破産は、この他にも一応デメリットがありますが、あくまで形式的なものばかりなので、普段の生活が不自由になるということはありません。

自己破産をしたら、財産はすべて無くなるの?

生活に必要な家財道具などは、必要な範囲を超えていなければ処分されることはありません。

自己破産をしたら、引っ越しはできないの?

破産手続中は、裁判所の許可を得なければ、転居や長期の旅行など居住地から離れることはできません。が、手続きが終われば、そのような制約はありません。

自己破産したら、近所の人や職場の人に知られてしまうの?

自己破産をした場合、官報に名前と住所が記載されますが、一般の人が官報を見るということはまずありませんので、近所の方や職場の方に知られてしまう可能性は極めて低いとお考えいただいて結構です。裁判所から破産者の勤務先に破産宣告の通知をするということなどもありません。

サラ金が家族の借金を私に払えと言っているけど、払う必要があるの?

その方の借入について、貴方が保証人になっていないのであれば、法律上支払義務は全くありません。家族という関係だけで払ってしまうことは絶対に避けましょう。また、貴方に支払義務がない以上、サラ金の取立行為は違法です。金融庁に苦情の申立てをするなど、毅然とした対応が必要です。もし保証人になってしまっている場合は、ご相談下さい。保証人の方も、何らかの法的な手続きをとられることをお勧めいたします。

過払い金は、どれぐらいの取引があれば成立するの?

過払い金の金額は,どのような借り方・返し方をしたかで,発生する時期及び金額は変わってくるので,一概には言えませんが,取引期間が、5~10年であれば,過払い金が発生している可能性が高いですが,場合によっては借金が残る場合もあります。逆に,取引期間が5年未満でも,残債務が数万円しかない場合には,過払い金が発生している可能性があります。

※すべての相談業務は、司法書士法第三条に定めるものに限ります。
pagetop